会長あいさつ

すべての社労士は会員に
                                愛知県社会保険労務士政治連盟
                                     会 長  富 田  謙

 社会保険労務士制度の改善を図るためには、各政党や多くの国会議員に法改正の必要性の理解を得て、 その実現に向け協力を求める必要があることはご理解いただけると思います。
 

 社会保険労務士会は強制加入の法定団体であるため、公職選挙法による選挙支援活動や政治資金規正法により政治的な活動ができないので、社会保険労務士会の代わりの組織として政治連盟が必要となりました。

 
 政治連盟の活動の成果は、これまでの社会保険労務士法改正の結果が示すように、制度の発展、地位の向上と直結し、すべての社会保険労務士の利益となっています。したがって、政治信条に関係なくすべての社会保険労務士が政治連盟の会員となって、その活動に協力して行くことが必要といえます。

 
 すべての社会保険労務士が一丸となって政治連盟に結集し、社会変化に対応した業務の拡大への対応等、社会保険労務士の業務の発展と社会的・経済的地位の向上のため積極的な活動を続けていくことが必要です。具体的目標として第9次の社会保険労務士法改正では、個別労働紛争に関する簡易裁判所における訴訟代理、労働審判における代理、社労士会労働紛争解決センターをはじめとする民間型ADR機関における紛争目的価額の制限撤廃、目的規定から使命規定への変更、労務監査規定の新設、資格名の略称使用の課題について活動を進めます。

本連盟規約には、愛知県社会保険労務士会と連携して次にあげる事業を行うこととしています。

1 社会保険労務士制度が広く国民に認知され、且つ、理解されるために必要な政治活動
2 労働及び社会保険諸制度の発展を期するための政治活動
3 政治資金規正法及び公職選挙法に基づく政治活動
4 広報活動及び機関誌の発行
5 関係団体との連絡強調
6 前格号のほか本連盟の目的達成に必要な事業

社会保険労務士制度は、ようやく50数年半世紀を過ぎたところです。
私たち政治連盟は愛知県社会保険労務士会とともに100年一世紀に向かい活動してまいります。

トップへ戻る

ページのトップへ戻る
Copyright © 愛知県社会保険労務士政治連盟  All Rights Reserved